Gather Magazine

    レクリエーションルームの設定方法

    みなさん、こんにちは。 Gatherマガジンのすぎやまです。

    Gatherでは、参加者同士が楽しみながら、よりコミュニケーションを深めるためにスペース内でゲームを楽しむことが出来ます。

    埋め込み型のゲームをプレイすることで、Gatherの世界感を中断されることなく様々なゲームを楽しむことが出来るので、イベント内でゲームエリアを設置し、参加者同士が打ち解けるきっかけを作っても良し、オフィスに設置して仕事の合間のリフレッシュのひと時を作るもよし、様々な楽しみ方をすることが出来ます。

    今回は、そんなGather内で楽しむことが出来るゲームについて解説を行っていきます

    目次

    最大利用可能人数

    ほとんどのゲームテンプレートでは約10人のプレイヤーが参加することが出来ます。そのため、無料利用でも十分に楽しむことが可能です。 

    ゲームの準備

    ゲームを開始するためには、 アプリケーションを起動するし、テンプレートの選択の際に(https://app.gather.town/create)「エクスペリエンス」セクションで利用できるアクティビティテンプレートを選択してください。エクスペリエンスを作成するには、次の2つのオプションがあります。 

    1. 新しいスペースを作る:「エクスペリエンス」が含まれるテンプレートを選択し、名前を付け、パスワードが必要な場合はパスワードを設定し、スペースを作成します。
    2. 新しい部屋を追加する: スペースに移動し、マップメーカーを開いて「エクスペリエンス」が含まれる新しい部屋を作成します。 

    ゲームの統合

    Gatherでは、オブジェクトピッカーにいくつかのプリセットゲームを組み込んでいます。

    これらのゲームは、Gatherスペース内でプライベートゲームに参加できるように設定されているため、友達とビデオチャットしながらプレイすることもできます。

    これらのゲームのいずれかを既存のスペースに追加することも、ゲームルームテンプレートを使用してゲームでいっぱいのスペースを作成することもできます。 

    スペースにゲームを追加する

    スペースにゲームをすばやく簡単に追加するには、ツールバーの「ビルド」 をクリックします。使用するゲームの名前を入力するか、「game」と入力するだけでリストが表示されます。必要なゲームを選んだら、スペースに配置します。

    外部ゲームを埋め込む

    ゲームルームテンプレートの1つを小(2〜25)、中(25~50)、または大(50~100)の3つのサイズから選択しhttps://app.gather.town/create/で構築が可能です。

    これらのテンプレートは、スペース全体で統合されたゲームでセットアップされたテーブルを備えています。通常、テーブルはプライベートエリアであるため、お互いを見たり聞いたりするには、テーブルに着席する必要があります。 

    いかがでしたでしょうか?

    Gatherには参加者どうしで楽しめるゲーム機能が様々あります。
    是非下記の記事をチェックして、より楽しいGatherの利用にお役立てください。

    それでは今回はここまで。

    次回もお楽しみに!

    ご案内

    2Dメタバースの使い方、活用方法が聞ける、無料のオンライン相談会を開催中です。

    「2Dメタバースで何ができるか知りたい方」はもちろん、「すでに利用しているがもっとフル活用したい方」もお気軽にご相談ください。

    詳細は「2Dメタバースをより活用したい方へ!無料のオンライン相談会を実施中!」をご確認ください。

    ▼ 今すぐ2Dメタバース無料相談会を予約

    目次