HubSpotでの顧客管理 各機能や活用方法を徹底解説

HubSpotを活用して顧客管理を円滑にしたいとお考えではないでしょうか?

顧客管理ができるHubSpotCRMを導入すれば現在の顧客管理業務にかかる業務を削減して生産性の向上ができます。

HubSpotの導入を検討している方は顧客管理の方法や注意点をここで確認してみましょう。

そこで今回はHubSpotで顧客管理をする方法、無料で活用できる機能や管理方法そして顧客管理をする際の注意点を解説します。

最後まで読んでいただき導入すべきかどうか検討いただければ幸いです。

目次

HubSpot(ハブスポット)とは

HubSpotとはマーケティングや営業コンテンツ管理や顧客サポートを一元管理で行えるCRMツールです。

世界120カ国17万社の企業が利用しており、様々なビジネスシーンの業務を円滑に効率化ができます。

HubSpotは、主に5つに機能が分類されており自社の課題や目的に応じたツールを活用することが大切です。

  • HubSpot CRM
  • HubSpot MarketingHub
  • HubSpot SalesHub
  • HubSpot ServiceHub
  • Operations Hub

それぞれ紹介していきますので導入の参考にしていただければと思います。

HubSpot CRM

HubSpot CRMは顧客情報の統合管理を支援するツールです。

顧客との関係を構築して強化するための機能が備わっています。

HubSpotCRMで使用できる機能は以下の通りです。

  • 連絡先管理
  • 取引管理
  • タスク管理
  • メールの追跡
  • レポート
  • webチャット
  • 書類作成。

顧客管理や営業支援に活用できるHubSpotCRMは無料で利用することができます。

HubSpotCRMの営業活動に役立つメール追跡やチャット機能、見積もり書作成機能を活用して、普段のルーティン業務を効率化していきましょう。

HubSpot MarketingHub

MarketingHubはマーケティング活動の管理に効果的なツールです。MarketingHubはマーケティング活動に必要なデータ分析やデータ管理、活動効果を測定して改善するための機能として非常に使いやすいものとなっています。

使用できる機能は次の通りです。

  • webサイトの作成・管理
  • メールマーケティング
  • コンテンツ管理
  • コンテンツのAIを活用した制作
  • SNSの運営と管理
  • CTAやLPフォームの作成と管理

以上のように、インバウンドマーケティングに役立つ機能が備わっています。

MarketingHubを使用すれば、キャンペーンの作成と実行、そしてリードの獲得や育成が可能になりますので、マーケティング活動に注力したい方には本当にお勧めです。

HubSpot SalesHub

SalesHubは、営業活動を支援するためのツールです。SalesHubでは、営業活動に必要な顧客情報や様々な機能を備えています。

使用できる機能は、次の通りです。

  • 連絡先や企業のプロファイル
  • タスクと予定管理
  • eメールテンプレートとトラッキング
  • セールスプロセスの管理
  • ドキュメントの共有とトラッキング
  • プロスペクトの開拓。

以上のように、営業活動が効率化できる機能が備わっています。

SalesHubを使用すれば、顧客との関係を強化して売上を追跡し、営業活動を可視化することで改善にあてることができます。

HubSpot ServiceHub

ServiceHubは、顧客サポートやカスタマーサービスを強化できるツールです。

ServiceHubを導入すれば、顧客とのコミュニケーションを円滑にして、カスタマーサービス業務を効率化することができます。

使用できる機能は、次の通りです:顧客からの問い合わせの管理、チケットの作成と追跡、ヘルプデスクの作成と共有、チャットや通話による顧客支援。問い合わせの管理からヘルプデスクやチャット機能まで、カスタマーサービスに役立つ機能が満載です。

ServiceHubは、カスタマーサービスを自動化し、顧客満足度の向上ができるツールですので、カスタマーサポートに課題がある、もしくはこれから頑張っていきたい企業に関しては、導入を検討してみることをお勧めします。

無料で顧客管理ができるHubSpot CRMの機能について

HubSpotCRMは無料で顧客管理 ができるCRMプラットフォームです。

HubSpotCRMには次の機能が 備わっています。

  • ダッシュボード、売上高やチケット数を管理画面で把握分析ができる機能
  • コンタクト顧客情報や マーケティング情報などのコンタクトを管理できる機能
  • コミュニケーション メールやチャットなど顧客とコミュニケーションを取るための機能
  • マーケティングフォームやチャットボードやダッシュボードを活用してマーケティング施策ができる機能

セールス領域だと以下が挙げられます。

  • 取引やパイプラインタスクドキュメントを管理する機能
  • サービス顧客対応にかかる時間や問い合わせ件数を管理する機能

以上のようにHubSpotCRMは 顧客管理に役立つ機能が満載です。

無料で使える機能の内容を知りたい方は以下の記事を見ることをお勧めします。

HubSpotCRMで顧客管理をする方法

HubSpotCRMで顧客管理をする方法は、次の通りです。

  • HubSpotのアカウント作成
  • コンタクト作成
  • コンタクト詳細設定
  • コンタクト管理

管理業務を効率化したい方は、HubSpotCRM導入に向けて顧客管理の手順を確認しておきましょう。

❶HubSpotアカウント作成

HubSpot公式

HubSpotCRMを使うためには、HubSpotのアカウントを作成しなければなりません。

HubSpotの公式ホームページにアクセスし、画面右上の「無料で試してみる」をクリックして、「無料ツールを使ってみる」を選択してください。

その後、アカウント作成のためにログイン情報を入力します。

ログイン情報にはメールアドレスや氏名を入力して、「HubSpotCRMを入手」をクリックします。

また、このステップは、Googleを使用して登録、Microsoftを使用して登録を選択をすると、ログイン情報の入力を短縮することができます。

ログイン情報を入力できれば、ウェブサイトURLと会社情報の入力を求められます。

従業員数や役職、業種など、入力項目を記入して、「登録を完了する」をクリックすれば、HubSpotアカウント作成は完了します。

❷コンタクト作成

まず、作成したアカウントでHubSpotへログインしましょう。

最初にログインすると、HubSpotとは?と選択画面が表示されるので、HubSpotについての概要説明を読みましょう。

その後、最初のコンタクトを作成と表示がされますので、クリックしてコンタクトを作成していきます。

コンタクト作成には、

  • 名前
  • メールアドレス
  • コンタクト担当者
  • 役職

の記入欄があるので、コンタクトが必要な情報を入力していきましょう。

なお、最初のログイン画面でHubSpotとは?をスキップした場合は、画面上部のメニューバーにあるコンタクトからコンタクトを作成してください。

❸コンタクト詳細設定

作成したコンタクトからさらに詳しい情報を追記していきます。

対象のコンタクトを表示して、詳細を表示をクリックし、コンタクトプロパティ画面にアクセスしましょう。

コンタクトプロパティ画面では、基本情報の他に電話番号やHubSpotスコア、HubSpotチーム、見込み客を獲得した日付など、対象のコンタクトに対する詳細情報を記載することができます。

会社の必要な情報に応じて顧客管理のプロパティを設定し、より精度の高いコンタクト情報を管理していきましょう。

金川

例えば、ウェビナーをよく開催する会社の場合、プロパティは「最終ウェビナー参加日時」など自由に作成することが出来ます。便利ですよね。

❹コンタクト管理

コンタクトを作成できたら、必要に応じてタスクを追記したり、電話やメールを送ったりとコンタクト管理が可能になります。

通常、ExcelやGoogleスプレッドシートで顧客管理をしている会社も少なくはありません。

しかし、このような顧客管理の場合だとコンタクト情報を更新したら取引情報の項目も同時に追加しなければならないなど1つの情報を変更しただけでもう片方の情報も更新しなければならないなど手間になります。更新を忘れたりなんてこともありますよね。

そこで、HubSpotでは、コンタクトと会社や取引を紐づけておくこともお勧めしています。

なぜなら、商談やアクションに応じて必要なコンタクト情報を瞬時に引き出せるからです。

紐づけられたコンタクトは、アクティビティから情報を確認できるので、顧客管理の際に便利です。

HubSpot CRMを活用してコンタクト管理を円滑に行っていきましょう。

HubSpotで顧客管理をする際の注意点

HubSpotを活用すれば、顧客管理を充実させられます。

しかし、HubSpotを使う際の注意点を知らなければ、顧客管理で失敗するかもしれません。

HubSpotで顧客管理をする際には、下記の注意点を確認しましょう。

  • 定着までトレーニングが必要。
  • 顧客管理の目的を共有する。
  • 無料プランでは制限がある。

❶定着までトレーニングが必要

HubSpotで顧客管理をする際は、定着までトレーニングが必要なことを理解しましょう。HubSpotは幅広い分野に対応できる多種多様な機能を備えたツールです。

HubSpotの運営操作方法になれるまでには非常に時間がかかります。HubSpotを導入してすぐに成果が出ると考えている場合は、定着するまでの時間との現実と理想のギャップに後悔するかもしれません。

顧客管理を始めた際には、管理方法やレギュレーションを把握するまでに一定の時間が要することを確認しましょう。HubSpotで顧客管理をする際には、専任の担当者を設けて定着までトレーニングを徹底してください。

そこで自社で学習をしたい場合、HubSpotアカデミーは、有効です。

HubSpotアカデミーは、インバウンドマーケティング、インバウンドセールス、カスタマーサービスとカスタマーサポートの分野で世界屈指のトレーニングを提供しているオンライン教育プラットフォームです。

HubSpotアカデミーでは、無料のオンラインコースや総合的な認定資格コースを受講することができます。認定資格コースを修了すると、LinkedInプロフィールに認定バッジを追加することができます。

金川

HubSpotの活用で分からないことがあればHubSpotアカデミーで学ぶこともおすすめしています。単純にマーケテイングやセールスなどで有用なコンテンツも多いので良いですよ!

❷顧客管理の目的を共有する

顧客管理の目的を明確化していないと、ただ入力するだけの作業になってしまいます。

目的に応じた顧客管理表を作成し、関係者になぜ情報を入力するのかという目的を共有しましょう。

顧客管理の目的を共有していないと、情報を入力することに抵抗を感じて十分な情報を収集することができません。

顧客管理の目的を明確にして、情報を入力する意味を理解していただくことが大切です。

HubSpotを使って顧客管理をする際には、社内や顧客に顧客情報を管理する目的を共有して、

前向きに情報を入力してもらえることを伝え続けましょう。

❸無料プランでは制約がある

HubSpotの無料プランでできることには限りがあります。

HubSpot CRMも無料で利用できるCRMです。

マーケティングやヘルプデスクを自動化してSEO対策やABテストなどのツール機能を活用するには、有料プランを検討しなければなりません。

無料プランのみで顧客管理ができれば問題ありませんが、HubSpotには有料プランがあるため、無料で利用する場合には限界があることを理解しておきましょう。

さいごに

自社の目的に応じて必要な機能が備わった有料プランやツール機能を使うことが大切です。

これまでご紹介してきたようにHubSpotを導入すれば顧客管理を効率化することができます。

様々なツールや機能が存在しますが、HubSpot CRMは顧客管理を効率化するための機能が揃った最適なツールです。

コンタクト情報を管理したり、顧客とのコミュニケーションを円滑化したり、マーケティング施策に役立てたりとHubSpot CRMでできることはたくさんあります。

まずは無料プランの導入を検討して、必要があれば自社の要件定義に応じて有料ツールやプランを導入しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

金川 和也のアバター 金川 和也 Beyond Work Labo代表/メタバースとDXの専門家

BeyondWorkLaboの運営主です。
株式会社LocalSquareの代表で上場企業から中小企業まで
法人向けにメタバース活用支援やDX支援を行っています。

このサイトでは、「未来の働き方改革」をスローガンとしてメタバースから業務効率化、DX、AIなど明日の働くを"大きく変える"皆様に役に立つ情報をメディアを通して発信していきます。是非、役に立つなと感じたら拡散よろしくお願いいたします。

目次