サテライトの意味とは?使い方について分かりやすく解説!

サテライトの意味とは?使い方について分かりやすく解説!

近年耳にすることが多い言葉として「サテライト」があります。

このサテライトという言葉は英語のsatelliteから来ているのですが、さまざまな場面で使われているため、正確な意味が理解できていない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、サテライトの意味や関連用語の使い方について解説します。

目次

サテライトとは?

サテライトとは?

「サテライト」とは、英語のsatelliteから来ている言葉で、「衛生」「人工衛星」のことを意味します。

ただし、サテライトはこの意味だけでなく、他の言葉と組み合わせることで、さまざまな分野で使われていて、各分野においてサテライトの意味が異なります。

このような用語は、本来の「衛生」「人工衛星」の意味に近い「本体から離れて存在するもの」という意味でよく使われています。

サテライトの関連用語の一例を紹介すると、大規模な病院が別の場所で医療行為を行うための小規模な診療所の「サテライトクリニック」、介護・福祉施設が本体の事業所と別にサービス提供を行う出張所の「サテライト事業所」などがあります。

あわせて読みたい
【完全版】サテライトとは?使い方や各業界での意味について解説 近年では、さまざまな業界で「サテライト」という言葉が使われています。 本来サテライトは衛星という意味ですが、各業界ではサテライトという言葉がついたさまざまな用...

サテライトの使い方と関連用語

サテライトの使い方と関連用語

現在、日本ではサテライトには多くの関連用語が存在します。

それぞれ業界によって違った意味で使われているため、その意味をよく理解することが必要です。

ここでは、サテライトの関連用語の意味について紹介します。

よく使われる用語
  • サテライト会場
  • サテライト店
  • サテライト教室
  • サテライト施設
  • サテライトイメージ

サテライト会場

「サテライト会場」とは、メイン会場とは別に開設する補助的な会場のことを意味します。

サテライト会場は、メイン会場の混雑を解消する目的や、メイン会場に来場できない人のために設営される会場のことです。

このサテライト会場は、オリンピックやサッカーワールドカップなどの大型のスポーツイベントや、コンサート、セミナーなど、幅広いイベントで利用されています。

サテライト会場のサテライトは、メイン会場と離れた場所にあるもの、という意味となっています。

サテライト店

「サテライト店」とは、本店と離れた場所に設営する店舗のことで、本店よりも規模が小さいのが一般的です。

本店から離れた場所にサテライト店を設営することで、新たな顧客を獲得することを目的としています。

サテライト店は、比較的大規模な店舗を対象として設営されることが多くなっています。

サテライト店のサテライトについても、本店とは離れた場所にあるもの、という意味になっています。

サテライト教室

「サテライト教室」とは、大学や予備校・学習塾などが、本部から離れた場所に開設する教室のことです。

サテライト教室では、本部で行われている授業などをインターネット回線でつなぐことで、本部の学生と一緒に授業を受けたり、サテライト教室に講師を派遣して授業を受けたりなど、サテライト教室によって内容が異なります。

サテライト教室では、本部と同じか同等の授業が受けられるようになっています。

サテライト教室のサテライトについても、本部から離れた場所にある教室という意味です。

サテライト施設

「サテライト施設」とは、主に介護業界で用いられる用語で、従業員が30人以上の広域型特養などを本体施設として、その本体施設と密接にやり取りしながら別の場所で運営している支店のような施設のことです。

サテライト施設には定義があり、本体施設から20分以内の場所にあることが原則となっていて、さらにサテライト施設が設営されている市町村の住民のみが入居可能となっています。

他にも、サテライト施設は本体施設の運営者と同じ法人が運営しなければならないというルールもあります。

サテライト施設のサテライトについても、本体とは離れた場所にあるもの、という意味ですが、ルールが設定されています。

サテライトイメージ

「サテライトイメージ」とは、衛星画像のことです。

衛生画像とは、地球観測衛星に搭載されたセンサーで取得した観測データを画像化したものです。

衛星画像と同様に上空から撮影するものに航空写真がありますが、衛星画像とはデータの取得方法や解像度が異なります。

衛星画像を作成するためには、観測データの画像化が必要で、地球の自転による誤差などを補正する必要があります。

また、画像を見やすくするためにカラー合成が行われていて、広域にはナチュラルカラー合成を使用し、詳細部分はトゥルーカラー合成画像を使用しています。

サテライトイメージのサテライトは、本来の意味の衛生と同じ意味となっています。

サテライトオフィスについて

サテライトオフィスについて

ここまで、サテライトの関連用語について解説しましたが、多く使用される用語として「サテライトオフィス」があります。

これは、サテライトの本来の意味の衛星と同様に、本社のオフィスを中心として、衛星のように周囲に設置するオフィスのことをサテライトオフィスと言います。

サテライトオフィスは、新型コロナウィルスなどの影響でテレワークが普及したこともあり、近年多く設置されるようになりました。

特に、テレワークが必要になったものの、自宅に仕事用のスペースがない場合や、家族がいるため仕事に集中できないなどの理由から、本社オフィスに行かなくても従来通り働けるようにするために、サテライトオフィスが設置されるようになりました。

このサテライトオフィスを設置する取り組みについては、総務省も推進しています。

例えば、サテライトオフィスを開設しやすくするために、サテライトオフィスの設置場所でお試し勤務が実施できる「おためしサテライトオフィス」などの施策があります。

サテライトオフィスと混同しやすいものに、支社や支店があります。

支社や支店の場合は、本社と同様の設備や体制があるため、業務内容はほぼ変わりません。一方で、サテライトオフィスの場合は、設備は最小限なものが大半であるため、支店としての機能は持たず、ワーキングスペースに近いものと言えるでしょう。

サテライトオフィスの概要

サテライトオフィスには、種類があります。

ここでは、この種類について解説します。

都市型サテライトオフィス

都市部に設置されているサテライトオフィスを都市型サテライトオフィスと呼んでいます。

都市型サテライトオフィスには、都市部に本社がある企業がさらにオフィスを構えるケースや、地方に本社がある企業が都市部にサテライトオフィスを設置するケースがあります。

都市型サテライトオフィスでは、都市部への出張の際に仕事をしたり、都市部で採用した人材の拠点にしたりなど、都市部ならではの使い方があります。

郊外型サテライトオフィス

郊外型サテライトオフィスは、文字通り郊外に設置するサテライトオフィスです。

主に都市部に本社がある企業が設置することが多く、郊外にサテライトオフィスを設置することで、居住地が郊外にある従業員が都市部まで通勤する必要がなくなるため、時間や費用を節約できます。

従業員にとっては、通勤の負担が軽減することで、家族との時間や余暇などを生み出しやすくなるなど、ワークライフバランスを実現しやすくなります。

地方型サテライトオフィス

地方型サテライトオフィスは、地方に設置されたサテライトオフィスです。

主に都市部に本社がある企業が設置するケースが多くなっています。

地方にサテライトオフィスを設置することで、新たなエリアへのサービス展開がしやすくなったり、地域の活性化が期待できたりする点がメリットです。

また、テレワークが普及したことで地方への移住を検討する人も増えています。

地方にサテライトオフィスがあることで、都市部の企業に就職している人でも、雇用を継続しながら地方に移住することが可能です。

あわせて読みたい
サテライトオフィスとは?種類やメリット・デメリットについてもご紹介! 近年では、在宅勤務やリモートワークなど、場所や時間に縛られない働き方を採用する企業が増えてきています。 そんな背景から注目されているのが「サテライトオフィス」...

サテライトオフィスのメリット

サテライトオフィスのメリット

ここでは、サテライトオフィスのメリットについて解説します。

サテライトオフィスのメリット
  • 離職を防ぐことができる
  • 現地の人材を獲得しやすい
  • 移動コストが少なくなる

離職を防ぐことができる

従業員には、さまざまなライフスタイルがあります。

特に、育児や介護を行う必要がある従業員にとっては、それらを仕事と両立する必要があります。

もしサテライトオフィスがなく本社のみの場合、通勤に時間がかかったり急用に対応できないなどの理由で両立が難しくなると、離職を検討するきっかけになってしまいます。

自宅の近くにサテライトオフィスがあれば、通勤時間を短縮することができるため、仕事との両立がしやすくなり、継続して働くことが可能です。

また、ライフスタイルを優先しやすいため、優秀な人材を確保しやすくなるというメリットもあります。

現地の人材を獲得しやすい

サテライトオフィスを設置することで、そのエリアの人材を獲得しやすくなります。

サテライトオフィスがあれば、本社が都市部にあるために働くことができなかった人材を確保することが可能です。

サテライトオフィスは、設置するエリアによって生活環境や土地柄などが異なるため、その特性を把握しておくことで、自社に合った人材を獲得しやすくなるでしょう。

移動コストが少なくなる

サテライトオフィスを設置することで、従業員の移動を減らすことができれば、移動コストを少なくすることができます。

自宅からオフィスへの通勤やオフィスから営業先への移動など、時間や費用を抑えることができる点が従業員にとってはメリットです。

また、公共交通機関や道路の混雑などによるストレスも軽減されるため、心身を健康に保つことができます。

他にも、移動時間を減らすことで余暇が生まれるため、ワークライフバランスも実現できるでしょう。

サテライトという言葉を理解し使いこなそう!

サテライトという言葉を理解し使いこなそう!

ここまで、サテライトの意味や関連用語について解説しました。

サテライトはさまざまな分野で使われていますが、基本的な意味はあまり変わりません。

サテライトの本来の意味は衛星ですが、関連用語も何らかの衛星という意味で使われています。

細かい部分で意味が変わることがありますが、基本的には衛星と同じ意味ですので、理解しておくといいでしょう。

この記事を書いた人

金川 和也のアバター 金川 和也 Beyond Work Labo代表/メタバースとDXの専門家

BeyondWorkLaboの運営主です。
株式会社LocalSquareの代表で上場企業から中小企業まで
法人向けにメタバース活用支援やDX支援を行っています。

このサイトでは、「未来の働き方改革」をスローガンとしてメタバースから業務効率化、DX、AIなど明日の働くを"大きく変える"皆様に役に立つ情報をメディアを通して発信していきます。是非、役に立つなと感じたら拡散よろしくお願いいたします。

目次