【2024】メタバース×アニメのおすすめ作品3選!体験イベントも紹介

近年、さまざまな業界の参入が見られるメタバース。

アニメや映画の世界でもメタバースを扱った作品が増えています。

本記事では、メタバース×アニメに焦点をあて、バーチャルの世界を題材にした作品や、体験できる事例などを紹介します。

目次

メタバースとは?

メタバースとは?

メタバースとは、インターネット上に創り上げられた3次元の仮想空間のことです。

3Dのリアルな世界の中で、自身の分身となるアバターを使って自分の意思で行動できることから、没入感を得られるのが特徴です。

ちなみに、メタバースという言葉は、「超越」を意味する「メタ(meta)」と「宇宙、万物」などを意味する「ユニバース(universe)」が語源となっており、1992年に発表されたニール・スティーブンソン作のSF小説「スノウ・クラッシュ」で初めて使われた造語です。

ゲームをはじめエンターテイメント市場のイメージが強いメタバースですが、近年ではビジネス活用も進み、今後の可能性に期待されている分野です。

メタバースを題材にしたアニメ3選

メタバースを題材にしたアニメ3選

ここでは、メタバースを題材にしたアニメを3選紹介します。

まとめると次のとおりです。

  1. シュガーラッシュ・オンライン
  2. サマーウォーズ
  3. ソードアート・オンライン

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. シュガーラッシュ・オンライン

1. シュガーラッシュ
出典:https://www.disney.co.jp/studio/animation/1183

最初に紹介するメタバースを題材にしたアニメは、2012年に公開されたリッチムーア監督のディズニー映画「シュガーラッシュ」の続編、「シュガーラッシュ・オンライン」です。

2018年に公開され、初回作品のアーケードゲームの世界からインターネット空間へと舞台を移し、Facebook Amazonなどの実在のネットサービスが登場しています。

現実世界に即した仮想空間の中で、これらのネットサービスやゲームなどが視覚化され、キャラクターたちが現実世界と仮想空間を行き来している様子が、私たちの実際にも置き換えやすくイメージしやすい作品です。

2. サマーウォーズ

2. サマーウォーズ
出典:https://www.wowow.co.jp/detail/022716

次に紹介するメタバースを題材にしたアニメは、2009年公開の細田守監督「サマーウォーズ」です。

サマーウォーズは、現実世界と仮想世界を行き来する物語で、メタバース的空間を提供する「OZ」というサービスを基盤としてストーリーが展開していきます。

OZは、仮想空間のみならず現実世界とも密接に繋がっていて、2つの世界の両方の認証基盤です。

例えば、OZでアカウントが認証されない場合には、現実にも影響が出てしまい、OZのアカウントと現実の人々の権限はほぼ同じに扱われています。

私たちの現実世界に対するメタバースのオルタナティブな面をイメージできる作品でしょう。

3. ソードアート・オンライン

3. ソードアート・オンライン
出典:https://lr.sao-game.jp

次に紹介するメタバースを題材にしたアニメは「 ソードアート・オンライン」です。

原作は、2008年に第15回電撃小説大賞で見事大賞を受賞した川原礫氏による仮想空間を舞台にした小説です。

全世界で3000万部の発行を誇り、アニメからコミック、映画まで展開されている非常に人気のあるシリーズです。

VRMMORPG(仮想大規模オンラインロールプレイングゲーム)「ソードアート・オンライン」を舞台に主人公キリトが活躍するストーリーは、メタバースを先取りした作品とされています。

ストーリー内の2022年の設定が、私たちの現実の世界ともほぼタイミングが一致しており不思議な感覚がします。

メタバース×アニメの参入事例!ファンが楽しめる特別なイベント

メタバース×アニメが体験できる仮想空間

ここでは、メタバース空間におけるアニメの参入事例を紹介します。

まとめると次のとおりです。

  1. バンダイナムコエンターテインメント「ガンダムメタバースプロジェクト」
  2. TVアニメ放送完結記念「進撃の巨人」ワールドワイド・アフターパーティー

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. バンダイナムコエンターテインメント「ガンダムメタバースプロジェクト」

1. ガンダムメタバースプロジェクト
出典:https://gmpj.bn-ent.net/ja

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、2023年10月に「ガンダムメタバース」を開催しました。

約3週間ほどのアメリカと日本の限定オープンでしたが、ガンダムの世界観を堪能できるメタバース空間やファン同士のコミュニティのきっかけとなる展示などが体験できる催しでした。

たくさんのガンダムファンが集うことで、次なる新しいガンダムが生まれてくるような、バンダイナムコとファンが共創し未来を目指すプロジェクトとなっています。

2. TVアニメ放送完結記念「進撃の巨人」ワールドワイド・アフターパーティー

2. TVアニメ放送完結記念「進撃の巨人」ワールドワイド・アフターパーティー
出典:https://party.shingeki.tv/#video_content

2023年11月、アニメ「進撃の巨人」の最終回直後から4日間限定で、ファンが制作陣やキャストとともに完結を祝うことができる参加型打ち上げイベント「ワールドワイド・アフターパーティー」が行われました。

オンライン船上で行われたこのパーティーは、チケット購入により国内外どこからでもスマホ・PCで参加可能。

世界中のファン同士がコミュニケーションをとったり、制作陣やキャストと乾杯したりと、ここだけの体験が用意されており、進撃の巨人の世界観を存分に堪能できるイベントとなりました。

メタバース×アニメを体験してみよう!

メタバース×アニメを体験してみよう!

いかがでしたか?

メタバースを題材にしたアニメや、仮想空間でアニメの世界を楽しめるイベントの事例などを紹介しました。

本記事のポイントをまとめると次のとおりです。

  • メタバースとは、インターネット上に創り上げられた3次元の仮想空間のこと
  • メタバースを題材にしたアニメは「シュガーラッシュ・オンライン」や「サマーウォーズ」など
  • メタバース空間におけるアニメの参入事例は「ガンダムメタバースプロジェクト」や「「進撃の巨人 ワールドワイド・アフターパーティー」など

アニメファンにとって、メタバース上でそのアニメの世界観に浸れるわくわく感は特別な体験です。

空間内でのコミュニケーションの拡がりにより新たなビジネス展開が生まれることも期待できるため、今後もますますの活用が期待できる分野でしょう。

この記事を書いた人

金川 和也のアバター 金川 和也 Beyond Work Labo代表/メタバースとDXの専門家

BeyondWorkLaboの運営主です。
株式会社LocalSquareの代表で上場企業から中小企業まで
法人向けにメタバース活用支援やDX支援を行っています。

このサイトでは、「未来の働き方改革」をスローガンとしてメタバースから業務効率化、DX、AIなど明日の働くを"大きく変える"皆様に役に立つ情報をメディアを通して発信していきます。是非、役に立つなと感じたら拡散よろしくお願いいたします。

目次