HubSpot(ハブスポット)の「無料版」でできることを徹底解説

HubSpotって何?CRM(顧客管理)に使えるらしいけど結局よくわからない、、

顧客管理、そろそろExcelとかスプレッドシートでやるのが大変になってきた。

CRM、ウチも導入したいんだけど、お高いんでしょ??

本記事では、そんな方々の疑問や課題を解決していきます!!

目次

HubSpot(ハブスポット)とは何か

HubSpotとは、2006年に設立されアメリカに本社を構えるソフトウェア開発会社で、主にマーケティング、セールス、カスタマーサービス、ウェブサイト開発といった幅広い分野をカバーしたツールを提供しています。

彼らが開発した高機能なCRMプラットフォームを中心に、多くの企業から支持を受けています。ここで一つ注目したいのが、そのCRMプラットフォームの豊富な機能と、無料で提供されているサービスです。

CRMプラットフォームの概要

HubSpotのCRMプラットフォームは、”Customer Relationship Management”の略で、顧客関係管理を総合的にサポートするシステムです。

これ一つで、マーケティング、セールス、サービスといったフェーズごとの顧客情報の管理、タスクの追跡、コミュニケーションの効率化など、ビジネス運営に必要な機能を一通り揃えています。これにより企業は顧客との全ての接点を一元管理し、より効率的かつ効果的なビジネス運営を実現できます。

さらに、このCRMプラットフォームは、その拡張性も大きな特徴です。HubSpot自体が提供するマーケティングツール、セールスツール、カスタマーサービスツールなどとの高い連携性だけでなく、他の主要なビジネスツールとも簡単に連携できるため、既存のシステムをそのまま利用しながら、必要性に応じて効率的な顧客管理を行うことが可能になります。

HubSpotは、まず無料で様々な機能を活用できるのが非常に魅力的です。無料版でできることについて詳しく解説していきます。

以下に分けて解説していきます。

  • 無料サービスの特徴
  • HubSpotの無料CRM機能
  • 無料マーケティングツール
  • 無料セールスツール

無料サービスの特徴

HubSpotでは、基本的なCRMプラットフォームを無料で提供しています。これにより、ツールの特性を理解し、自社にどう活用できるか判断しやすくなります。無料ツールでは、コンタクトの管理、Eメールマーケティング、ランディングページの作成、ソーシャルメディアの管理など、ビジネス成功に必要な基本機能が一通り揃っています。

また、無料プランでも、ユーザーの行動履歴を管理したり、そのデータを元にセグメンテーションを行ったりすることが可能です。さらに、ユーザーサポートもしっかりとしており、CRMツール導入の初心者でも安心して利用できるようになっています。なお、より高度な機能を利用したい場合は、有料プランにアップグレードすることも可能です。その際の移行もスムーズにでき、無料版から有料版へのステップアップによってビジネスの成長に対応することができるよう設計されています。

HubSpot(ハブスポット)の無料CRM機能

HubSpotは多機能なCRM(顧客関係管理)ツールとして広く知られています。無料プランでも、ユーザーにとって非常に価値のある多くの機能が含まれています。

積極的なマーケティングを進めるために必要な機能から、顧客の行動把握に必要な分析機能まで、HubSpotの無料CRMはあらゆるビジネスのビジョンを支えるための機能を提供します。

顧客管理の仕組み

HubSpotの無料CRMには完成度の高い顧客管理システムが備わっています。まず、重要な点は顧客情報の一元管理です。

氏名や年齢、連絡先から購入履歴、サイト内での行動まで手軽にデータを取得し、管理が可能です。

これにより、顧客一人ひとりのクローズアップが可能になり、的確なマーケティング戦略を練ることができます。

次に、シームレスなチームコラボレーションも挙げられます。HubSpotの無料CRMでは、共有すべきデータをチームメンバー全員で共有し、連携を図ることが可能です。これにより、チーム間のコミュニケーションをスムーズにし、間違いを最小限に抑えることができます。

コンタクト管理の特徴

HubSpotCRMのコンタクト画面

HubSpotの無料CRMでは、コンタクトの管理も一層効率的に行うことができますし、それは同ツールの強みの一つでしょう。すべての連絡先を一元化し、それぞれの連絡先に対する詳細な情報や活動履歴を把握することができます。これにより、顧客との関係を深められるだけでなく、進行中の商談の管理も容易になります。

具体例を挙げると、顧客が自社のウェブサイトを何回アクセスしたか、メモの記録、メールのやり取りの履歴、コールの履歴、タスク、ミーティングの履歴まで幅広く情報を集約することができます。

また、コンタクト情報と付随して会社の情報を連携することも可能です。会社インサイトでは、コンタクトが所属する会社に関する重要なデータを管理することができます。

下図のように「会社を作成」で会社売上高業種、従業員規模等の詳細情報を入力することが可能です。

この機能によって、データ収集にかかる時間を大幅に削減して、営業活動に集中することができます。

リード管理の手法

HubSpotの無料CRMでは、リード管理も効率的に行えるようになっています。HubSpotでは、リードの取得から育成、成熟度の判断、クロージングまで、一貫したプロセスを通じてリードを管理します。各段階でリードの状態をきちんと記録し、それに基づいた最適なアプローチを行うことができます。

また、得られたリードデータを分析し、リード獲得のための効果的な手法を見つけ出すことができます。これにより、将来的にはリードの質と量を飛躍的に向上させることが可能になるでしょう。

企業インサイトとは、商談中の企業に関する重要なデータを管理できます。これには売上高、業種、従業員規模などの詳細情報が含まれています。この機能によって、データ収集にかかる時間を大幅に削減し、営業活動に集中することができます。

また、コンタクトのリード管理機能を利用することで、メールの送信、タスク管理、ミーティングのスケジューリングも行えます。特定のセミナーで集まったリードを一覧で管理する機能や、リスト作成も可能です。

さらに、このリストの設定を「動的」に変更することで、リスト作成後にウェブサイトを閲覧や資料をダウンロードしたコンタクトを自動的にリストに追加することもできます。

HubSpotの無料マーケティングツール

HubSpotの無料マーケティングツールは、広告の管理からクライアント管理まで一斉に行えるマルチなプラットフォームです。

特にSEO対策の効果付上げ、ホームページの成果分析をリアルタイムで行えるので、効率的な運用を実現します。さらに、メールマーケティング、広告トラッキング、ランディングページ作成といった機能も存在します。これらの機能を活用して、ネットビジネスを最大限に引き立てることができます。ここでも無料で使える機能を見て行きましょう。

ランディングページ・フォームの作成

Hubspotでは、フォームの作成とランディングページも無料で作ることができます。これらを作成する時には既存のテンプレートやデザインを活用して作成することができるのと、複雑なコーディングをすることなく作成が可能なので専門家が必要ありません。

特にご紹介したいのは、ランディングページにおけるテンプレートが豊富なことです。それぞれデザイン性も高くて、デフォルトでレスポンシブデザインも採用されています。デザイン面だけでなく、実用性もある非常に効果的なツールと言えます。

フォームもデザイン面に関して同様でさらに入力されて得た情報は自動的にコンタクトに収集されていくため、リード管理を確実に、かつ円滑に行うことができるようになります。

フォローアップメールの自動化

フォーム入力に対してのフォローアップメールを自動化する機能もあります。これによってフォームへの入力が多くなったとしても手間をかけることなく人力を介さずフォローアップのメールを送信することができるようになります。

これによってリードの育成を効率的に運用することが出来ます。

Gmail,Outlook,Facebook Messengerとの連携

Outlookと受信トレイを連携することで、HubSpot CRMからメールの送信をすることができます。また、Facebookメッセンジャーと連携することで、コンタクト情報の自動取得を行うことができます。

さらに、コンタクト情報で全ての送受信の情報を確認することができます。なので、引き継ぎ等があっても担当者が変わったとしても、過去の送受信情報を遡って確認することができます。そのため、コンタクトやリードに対して適切な対応が誰でもできるようになります。

チャットボット、webチャットの設置

リードがポップアップ表示された質問に答えることで質問に応じて、あらかじめ設定した情報を伝えるチャットボットやサイト内のポップアップでメルマガ登録やなどを促すwebチャットの設置も行うことが可能です。

これによってwebサイトに訪問するユーザーの体験の質を向上することができるようになります。

共有受信トレイ

リードとメールの履歴やwebチャットでの履歴をメンバー共有の受信トレイに集めることでチーム全体で円滑に共有できるようにする機能です。

この機能ではチャットに届いた問い合わせ事項、OutlookなどのメールやFacebook Messengerなどを利用して迅速に返信対応することができるようになりますので、業務の効率を向上させることができます。

HubSpotの無料セールスツール

HubSpotは、業界をリードするマーケティングオートメーションプラットフォームの一つで、その無料のセールスツールが高く評価されています。CRM、メールマーケティング、ソーシャルメディアの統合から、リードジェネレーション、セールスフォースの管理まで、包括的な機能を備えつつも、初心者にも使いやすさをキープしているのが特徴です。

ユーザーに最高の体験を提供するため、機能は絶えず更新されています。

ミーティング設定

Hubspotと連携したOutlookやGoogleCalenderなどのカレンダーの空き時間を自動的に認識して相手に提示し、その中から相手にミーティングを調整してもらうことが可能です。

再来週の予定は提示せずに来週の予定のみ提示する、ミーティングの時間感覚は30分置きに提示するなど時間の設定も自由に調整が出来ます。

Eメールで何往復もして日程調整をすることがなくなるので顧客やリードとの打ち合わせの調整時間が非常に削減されます。

パイプライン管理

取引の管理を行う機能で、成約の確度や進捗状況を設定することでそれに基づいたフォーキャスト収益予測が可能になります。取引フェーズが変わった時に、ドラッグドロップでステージを変更することもできるので直感的な操作で使いやすいです。

ビューの切り替えによって取引自体を一覧化することもできれば上図のように取引の全体像を視覚的に確認することが可能なので業務における抜け漏れも非常に少なくなります。

例えば、取引件数が少ないうちでは心配はありませんが、取引件数が多くなってくると意思決定者の賛同を受けたにもかかわらず、そのまま契約書の送信漏れがあったりと、人力でのエラーが起こりやすくなります。そういったことを極限に少なくなります。

HubSpot(ハブスポット)のその他無料ツール

モバイルアプリ

移動中でも取引やコンタクト、顧客、チームとのやり取りを行うことが可能です。これまでに挙げたさまざまな情報をアプリ上から閲覧することができるので非常に便利です。筆者も頻繁に活用しています。

名刺スキャン

モバイルアプリの名刺スキャンを使うとたった数秒で名刺情報を読み取りHubspotのCRMに保存することができます。情報を入力する手間が省けるので本当に大切な業務に集中することが可能です。

HubSpot(ハブスポット)無料版の利用にあたっての注意点

HubSpotの無料版は多くの機能を提供しており、ビジネスでのマーケティングや営業、カスタマーサービスに役立てることができます。しかしながら、利用にあたってはいくつかの注意点が存在します。無料版の利用範囲や機能、有料版への移行、利用規約についての理解を深めることで、より効果的且つ安全な利用が可能となるでしょう。

機能の制限

無料版は数々の基本的な機能を提供していますが、制限も存在します。

一つ目として、CRMツールの全機能を利用することができないという制限があります。特に高度なレポート作成機能や自動化された営業機能などは一部制限されています。

二つ目は、一定以上の連絡先を追加した場合、追加料金が発生する可能性があることです。これらはより具体的なビジネス分析や複雑なオートメーションを望むユーザーにとっては制約となりえます。利用開始前にはこれら制約を知っておくことで、後々のトラブルを避けることができるでしょう。

有料版との違い

有料版は無料版と比べてさらに多くの高度な機能を提供します。これらの機能には、詳細なレポーティング機能、チームメンバーとの共有機能、広範な分析ツールなどが含まれます。また、有料版には電話やチャットによるサポートが含まれており、より多くのメニューを選択することが可能になります。

これによって、より詳細なデータ分析や意思決定を容易に行うことができます。一方、無料版は基本的な機能を提供しますが、それ以上のサポートは提供されません。無料版を使用する場合は、何を期待して何を必要としているのかを明確にすることが大切です。

HubSpot(ハブスポット)無料版の利用方法

HubSpot無料版の利用方法について詳しく解説していきます。ユーザーフレンドリーなインターフェースと充実した機能で多くの企業から愛用されているHubSpot。しかし、実際に移行する際の具体的な手順が分からないという方も多いのではないでしょうか。

利用を始めるにあたってアカウントの作成方法を説明していきます。

サインアップ方法

HubSpotの無料版を使うためには、まずアカウントの作成が必要です。その作成方法を順を追って説明していきます。まずはHubSpotの公式ウェブサイトにアクセスします。

ウェブサイトの右上にある「無料で試してみる」ボタンをクリックしてください。

開かれたページにはメールアドレスと、その他必要な個人情報を入力します。その後、HubSpotから送られてくる認証メール内のリンクをクリックすれば、アカウントの作成は完了です。最後に、自分のビジネスに合った設定を行い、準備が整ったらサービスを利用開始することができます。

さいごに

いかがだったでしょうか?

HubSpotの無料版を活用することで、マーケティング、セールス、カスタマーサービスの各面において効率と効果を高めることができます。

初めてCRMを導入する企業から、すでに何らかのツールを使用している企業まで、HubSpotはその柔軟性と拡張性で多くのビジネスに貢献しています。

まずは無料版から始めて、ビジネスの成長とともに必要な機能を追加していくことができるので、スモールビジネスにも大変おすすめです。この機会にぜひ、HubSpotの無料版を試して、ビジネスの可能性を広げてみてください!!

この記事を書いた人

金川 和也のアバター 金川 和也 Beyond Work Labo代表/メタバースとDXの専門家

BeyondWorkLaboの運営主です。
株式会社LocalSquareの代表で上場企業から中小企業まで
法人向けにメタバース活用支援やDX支援を行っています。

このサイトでは、「未来の働き方改革」をスローガンとしてメタバースから業務効率化、DX、AIなど明日の働くを"大きく変える"皆様に役に立つ情報をメディアを通して発信していきます。是非、役に立つなと感じたら拡散よろしくお願いいたします。

目次